お中元・お歳暮を贈るのを「止めたい」時はどうする?お中元・お歳暮の止め方

お中元・お歳暮は日頃の感謝の気持ちをわかりやすく表せる手軽な
ツールですが、しばらく疎遠になったり、お付き合いが薄くなるにつれて
渡すことが負担になってしまい、 止めたい と思うこともあるでしょう。
今回は、お中元・お歳暮はどのように止めるのかを確認しておきましょう。

お中元・お歳暮は必ず両方贈らなくてはダメ?

末永くお付き合いをしていきたいと考えているのであれば、当然ギフトを
渡す回数は大いに越したことはありません。しかし負担になってしまうよう
では、気持ちをきちんとギフトにのせられなくなってしまうなってしまうでしょう。

結論から言えば、年に一度、お歳暮のみ贈ることはマナー違反ではないです。
12月の年の瀬、1年の感謝をこのお歳暮にすべて込める、という渡し方は全く
問題ありません。お中元を省略し、お歳暮のみを贈ることは全く持って不自然では
ありません。

しかし逆に、お中元だけを贈ることは不自然になります。もし夏にお中元をお送りした
のであれば、必ずお歳暮も贈るべきです。

お歳暮は1年の感謝を形にするものでありますが、お中元は1年の上半期のお礼をする
ものです。お中元だけを贈るのは、なんとも不格好になってしまうのです。

お中元・お歳暮両方贈っていたけれど、お歳暮だけにしたい

付き合いが少なくなり、お中元・お歳暮のどちらかを止めたいのでしたら、お中元を
省略しましょう。ただし、いきなり夏に音信を止めることはせず、暑中見舞いなど文面
だけのお礼とし、お歳暮だけお送りする形にすれば、不自然にはなりません。

お中元・お歳暮の両方を止めたい

もしお付き合いが疎遠になり、お中元・お歳暮が過剰になってしまいギフトを 止めたい
のであれば、まずは上記の通り「お中元を止め、暑中見舞いに」しましょう。その上で
その年はお歳暮のみを贈り、次の年から、お中元、お歳暮両方を省略します。

いくら疎遠になってきているからといって、その年にいきなり両方を省略するのはあまり
マナーとしては上品ではありません。またいつお付き合いが深くなるかわかりませんので、
引き際も美しくしましょう。

お中元・お歳暮を事情あって辞退したい

お中元・お歳暮を贈られるほどの縁がなくても、これらギフトを頂いてしまう場合があります。
頂いたからには当然返礼も必要になり、無用な負担に感じてしまうことがあるでしょう。また
付き合いがないのに届いてしまうこともあります。

これらの辞退を行いたい場合でも、いきなり突き返すことはせず、その回の部分は受け取り、
受け取った分と同価値程度の返礼は送り直ししましょう。その上で添え状を付け、

「今後このようなお気遣いは無用に願います」

と入れ、やんわりとお断りするようにします。

まとめ

引き際こそ、マナーの難しい所。お中元・お歳暮は感謝と礼を尽くすもの。いきなり打ち切ったり
せず、段階を踏んで少しずつ引くようにします。また想定外に送られてしまった場合の辞退で
あっても、相手の感謝がこめられているものですので、ありがたくまずは受け取りましょう。
こうした「マナーの引き際」こそ、上品に振る舞いたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

私はこの大きさ食べたことありません(笑)

馬肉売上No.1のお店でお歳暮選び♪

注文を受けてからさばく!?究極の馬刺し

お歳暮の定番といったらやっぱりコレ!

年末ギフトから自分用までここで揃う!

特別な方へのご挨拶に高級和牛をどうぞ!

年末年始はプレミアムなお酒を楽しもう♪

みかん選びに失敗したくないなら

おいしいごちそうには良質なワインを。

author

1435733570895 みなさんはじめまして。
ようこそ、まごころデパートへお出でくださいました。
ご来場の皆様が素敵なギフトと巡り会えるように、精一杯ナビゲートさせて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。

ピックアップ記事

  1. 『 快気祝い 』とは? 快気祝いは病気やケガが全快したことをお祝いし入院中等にお見…
  2. 会社のイベントで何かと必要になる「 景品 」ですが、いざ何を買い集めたら良いのでしょうか。 忘…
  3. 毎年、2月14日はバレンタインデーですね。 学校や職場…
  4. ★みんなが集まる時こそネット出前サービスを 年末年始やお盆で家族や親戚が集まった時に、みんなでテー…
ページ上部へ戻る