白いごはんと一緒においしいお歳暮を!今年は 明太子 を贈ろう!

お歳暮

明太子は色合いが朱色で鮮やかですから、お歳暮のような感謝、お礼には
ぴったりのギフトです。白いご飯と相性バツグン!見た目も派手で「おいしい」
明太子のギフトはいかがでしょうか?


まさに旬のモノ。お歳暮シーズンと明太子のシーズンは同じ!

お歳暮と言えば12月の上旬~中旬の間に贈り合うものですが、明太子の
シーズンは早い所では10月から始まり、11月~2月がピークです。ちょうど
12月はたらこの最盛期ともあって、この時期の明太子は格別のおいしさです。

辛子明太子って日持ちしなさそう・・・?

意外と保ちます(笑)かねふくさんの辛子明太子ですと、冷凍出荷でそのまま
冷凍庫に保存すれば3ヶ月ほど。一度解凍しても約1週間(8日)保ちます。
お歳暮ですと日持ちするものを贈るのがベターですが、これだけの保存期間
があるならギフトに選んでも安心ですね。

たまにみかける「端の黒い明太子」は大丈夫なの?

端が黒いような深緑のような色が付いている明太子をたまに見かけます。あの
色を避ける方もいるようですが、あの色こそ新鮮さの証。スケトウダラから明太子
を取り出した時に、内臓が潰れてしまい、その時の色が端についてしまうことが
あるそうです。もちろん避けて食べても良いですし、私はあの独特の苦味が
好きなのでそのまま食べてしまいますね。

dekitatetop3

「無着色」と「着色」に違いはあるの?

最近ですと健康ブームも手伝ってか「着色」と聞くと何か良くないイメージが先行
してしまい、「無着色」が絶対に思えてしまいますが、元々の「博多明太子」は
あの鮮やかな赤色が素晴らしいので、必ずしも着色、無着色では判断が付きません。

最近では自然由来の「無着色」が流行っているようですね。どちらも味に差はない
ようですから、お好みで選びましょう!

まとめ

毎年必ずお歳暮と、自分用にかねふくさんの辛子明太子はお世話になっています(笑)
滅多に値引きをしない「味勝負」のお店さんですが、年末のお歳暮シーズンだけは少し
まけてくれてるみたいですね。早割限定のようですので、注文は早めのほうが良いでしょう!

私のオススメはふとっぱら辛子明太子(700g)です。予算も5000円程度と、ギフトの予算と
しては申し分なし。イチオシです!