そもそも「 お歳暮の意味 」って何?

マナー/その他

日本の年末の風物詩とも言われるお歳暮ですが、お歳暮にもきちんと
意味があります。ただのプレゼント交換ではないのです。意外と知られて
いない「 お歳暮の意味 」を少し掘り下げてみましょう。

お歳暮の由来って?

元々お歳暮はお正月に現れる神様をお迎えする「御霊祭り」へ捧げる
供物を事前に生家の本家へ届ける風習から始まったとされています。
昔から親戚一同が実家に集まるという習わしは変わらなかったようですが、
現在ではこの「御霊祭り」は一般家庭の馴染みからは遠く薄くなってしまって
いますね。

昔は「これからの未来」を祈る行事だった!?

今でこそ「今年もありがとうございました」という感謝を伝える事がお歳暮の意味
としての最大要因ではないかと思いますが、昔はお正月の神様に「来年も沢山の
福をよろしくお願いします!」という未来を祈る行事だったようですね。そしてその
福を親戚一同会して行うことで、大きなご利益を期待したようです。そんな神様に
お願いごとをするわけですから、当然手ぶらで集まるわけにはいきません。その
「お供え物」として持ち寄ったものが「お歳暮」の起こりなのです。

お歳暮2

 

「今までの1年」に感謝するようになったのは商人の取り立てから?

現在のような「今年も1年ありがとうございました」と神様へのお供え物ではなく、
今を生きる人達に向けてのギフトとして「お歳暮」が使われるようになったのは
昔々に存在した「デキる商人さん達の営業の賜物」という説があります。

1年間のビジネスで「借り」になっていたお金をまとめて回収するのが、昔は
今で言うところの「盆」と「暮れ」だったようです。大事なビジネス・パートナー
ですから、いくら自分の稼ぎの回収とは言え、手ぶらで各店を回るのは憚られた
のか、商人さんたちが手土産を持って挨拶と共に伺う、そんな習慣がいつしか
農民さんや庶民の間にもめぐり「1年のご挨拶をギフトと共に」という形に変化
していった、そんな風に浸透していったのでしょう。

お正月

 

「感謝」の気持ちは昔も今も一緒。心を込めたギフトを贈りましょう

始めは神様への希望、それがいつしか形を変え、「人と人とのお付き合い」という
独自の文化へと変わっていった。もちろん諸説あるようですが、とても興味深い
話ですね。今も昔も、お世話になっている方達への「感謝」する機会が必要な
のは同じです。毎年なんとなく義理と流れ作業だけで行っていたお歳暮という
イベントも、背景を想像するとよりその意義が深まるのではないでしょうか。

今年は是非、大切な方々、お世話になった方々へ少しお歳暮を奮発してみては
いかがでしょうか?(笑)