お歳暮の時期を確認しよう!お歳暮の締め切りは「あります」

マナー/その他

「お歳暮」というくくりがある以上、お歳暮にも旬が有ります。通常は形のあるモノを
相手に渡すことになるので、ある程度の「締め切り」が存在します。

特に初めてお歳暮ギフトにチャレンジする方は、チェックしておきましょう!

※厳密にはお住まいの地方、地域によって多少前後する場合があります。
この記事では全国でもほぼ共通部分のみを取り上げます。

お歳暮の時期、シーズン

お歳暮が1年の感謝の総まとめになりますので、当然時期は年末になります。しかし、
年末に近づけば近づくほど他の用件で忙しくなるという考えがありますから、

12月10日~12月20日

の間に贈るのが一般的とされているようです。

また、大手デパートを中心に、11月末頃から特設売り場が開設されたり、年末は
ゆっくり社員を休ませる、という考えから、12月下旬には取引先との業務を停止する
会社も増えており、お歳暮を渡すタイミングは少しずつ早まっています。
特に関東圏では早期化が顕著で、12月1日から受け渡しが始まっている地域も
あるようですね。よって、12月に入ってから渡せば、早すぎる、ということは
ないでしょう。

お正月

お歳暮を渡したいけれど、時期に遅れてしまったら

少なくとも20日前後、最長でも25日頃には渡したいですね。自身が年末になると
忙しくなるのと同じように、先方も年末は多忙なのです。

もし、お歳暮の品物は用意できていても、渡しそびれてしまった場合は、熨斗(のし)
を変えて渡しましょう。

12月末までは、ギリギリ「お歳暮」でも大丈夫です。年始を過ぎてしまったら、
「お年賀」というのしに変えます。1月1日~1月7日までは松の内なので大丈夫です。
※関西圏では1月15日までを松の内と数えますので、15日までは「お年賀」でも
大丈夫でしょう。

「お年賀」という表現には注意があります。
お歳暮・お中元の タブー ~選んではいけないもの、贈ってはいけない人
の記事の中で示しましたが、「お歳暮」であれば感謝の印ですので喪中の方に
贈り物ができますが、「お年賀」となると、「新春のお祝い」とニュアンスが変わって
しまう為、喪中の方には渡せなくなってしまいます。

その場合には、「寒中御見舞い」(かんちゅうおみまい)とう表現がのしで使えます
ので、こちらを使いましょう。

この松の内もさらに過ぎてしまったら、「寒中御見舞い」もしくは、
「寒中御伺」(かんちゅうおうかがい)とすればなんとかお渡しできるでしょう。

遅れて「お歳暮」をもらってしまったら

「くれるなら早く渡してよ!」とは到底言えませんね(笑)お断りせず、謹んでいただき
ましょう。

急な贈り物ですので、お返しは手元に無いと思いますので、その場合は後日に
「寒中御見舞い」としてお礼状を渡せば良いでしょう。また、お歳暮は頂いたら
必ずモノで返す必要はないので、このお礼状は通常の期間でも使うことができます。

ただし、「寒中御見舞い」は1月中旬~2月に使う表現ですので、お歳暮をお礼で返す
のであれば、1月中旬頃に御礼状を出すのが自然になりますね。

まとめ

お礼の気持ちですから「遅れない」のが大前提ですが、きちんとマナーを守れば
十分お礼を伝える機会は後からでも作る事ができます。

直前になって焦らないように、今年は是非早めのご用意を!