香典返しは何を選べばいいの?

香典返し

 

 

香典返しは受け取る相手の心情や世間のトレンドを考慮して選ぶのがポイントです。

一昔前はタオルセットなどが一般的でしたが、最近ではカタログギフトが人気です。

もらう立場の人が自分の生活スタイルに合わせた内容のギフトを受け取ることができるので、失礼もないですしなにより送り手が気を遣う心配もありません。

 

 

 

【香典返しはどのタイミングで贈るの?】

四十九日の忌明け法要を終えてからお返しをします。

葬儀に立ち会ってくださった方へのお礼と報告の意味を持っています。

もともと仏教のしきたりですが、仏式以外の葬儀でも香典返しをすることが一般的になっています。

 

 

 

【贈る金額は?】

香典返しは頂いたお香典の半額のものをお返しとするのが一般的です。

例えばお香典で10,000円頂戴した場合は、5,000円相当の香典返しを用意しましょう。

 

 

【香典返しにつける挨拶状はどうする?】

(イメージ)

koudenngaesi

多くのギフトサービスを扱っているお店では挨拶状を無料でつけてくれます。(配送の場合)

ご近所の方へお渡しする場合は直接お礼の言葉を伝えられますので、わざわざ挨拶状をつける必要はありません。

 

 

 

【香典返しにつけるのしは?】

 

一般的には「志」の一字と黒白結びきりの水引をかけます。

名前を下段に入れます。

(イメージ)

kokorozasi

 

 

【香典返しを選ぼう】

先述の通りカタログギフトにしておけば、考慮すべき点は金額程度となるので気持ちがラクです。

手早く済ませたい場合は、無料でのしや挨拶状をつけてくれるショップを選びましょう。

 

 

上質なカタログギフトなら「antina」

 

 

香典返しを贈るなら「おこころざし」のカタログギフトを

 

 

カタログギフトから詰め合わせまで 総合ギフトショップ

コメント