家族でのお祝いは「良い お肉 」にしてみませんか??【 和牛 】

お祝い

「 ギフト 」という言葉を目にすると、”誰かに贈る”という風に思われる方が多いと思いますが、

「 ギフト 」を自分のため・家族のために贈るという使い方もできるんです。

 

例えば「ボーナス入ったから少し奮発しちゃおう」とか「子供のお祝いに普段は食べないちょっといい物を食べようか」とか、

そういう時に ギフト で頼むと、専門店から探せて、自宅に届けてくれるのですから、便利ですよね。

 

そうした「ちょっとした贅沢」を考えている方向けに、いい食材をご紹介させていただきます。

 

 


 和牛の特徴

牛肉は一般的に肉の中でも特に美味であるとされ、値段もピンキリではありますが、日々の家庭のレシピには欠かせない存在であります。

特に牛肉の中でも、和牛は輸入牛、国産牛に比べて貴重で高価になる傾向にあり、とても人気があります。

 

和牛の品種は4種類

現在「和牛」として定められている品種は4種類あります。

その4種類とは、黒毛和種(くろげわしゅ)褐毛和種(あかげわしゅ)無角和種(むかくわしゅ)日本短角種(にほんたんかくしゅ)のことを指します。

和種という言葉は、「日本で改良された」という意味で使用されます。

一般的には、和牛と言えば黒毛和種を意味することが殆どです。なぜなら日本の市場で出回っている和牛のうちの、90%以上にものぼるのが黒毛和種だからです。

 

 和牛 は「 国産牛 」ではないの??

和牛とは先に記した通りに、上記の4種類の品種のことを指します。国産牛は、その4種以外の牛のことを指します。
「ホルスタイン種(乳用牛)」「交雑種(F1)」「アンガス種」「ヘレホード種」などがあり、外国で産まれた牛であっても、日本国内での飼育期間が他の地域よりも長い牛は「国産牛」と表示できます。

そして、「 黒毛牛 (黒牛) 」と表示されるものには注意が必要です。

これは 和牛 ではなく、黒毛和種とホルスタインなどが掛け合わされた交雑種で、「 黒毛和牛 」の略ではありません。

和牛 である場合は、必ず「 黒毛和牛 」や「 黒毛和種 」と「和」の字が入っています。

 

和牛で有名な ブランド

「 ブランド牛 」という言葉を聞いたことはないでしょうか。「銘柄牛」と呼ばれることもあります。

私たちがよく知っているブランド牛の代表的なものには、 松阪牛神戸牛 などが挙げられますが、

他には「 但馬牛 (たじまぎゅう)」 「 米沢牛 」 「 近江牛(おうみぎゅう) 」 「 飛騨牛(ひだぎゅう) 」などがあります。

 


但馬牛

但馬牛_001

但馬牛 は色んなブランド牛の素牛とされているため、この 但馬牛 が存在しなければ、美味しいブランド牛は誕生しなかったかもしれないと言われています。

それほど貴重な「 うし 」であり、 但馬牛 が最高級和牛と言われる理由が分かります。

 

但馬牛の特徴

但馬牛 の特長は筋肉の中に脂肪のサシが細かく入っている霜降り肉だという点ですね。

口に入れると舌の上でこのサシが溶けて、肉本来の味と脂肪の香りが溶け合って、うまみに変わります。もちろん、味だけでなく風味も抜群ですよ!


神戸牛 

神戸牛 ももとをたどれば、 但馬牛 ということになります。実は 神戸牛 というのは俗称で、正式には 神戸肉 、または「 神戸ビーフ 」という言い方をします。

神戸牛は兵庫県産で、定められた食肉市場で処理されたAあるいはB4以上の規格のものを指します。

 

神戸牛の特徴

枝肉(皮、骨、内臓を除いたもの)の割合が大きくて、なかでも特にロース芯面積が大きいことが肉質の特徴として言えます。

キメも細かく、良質の脂肪が含まれています。 神戸牛 は、ほかの和牛よりも低温で脂肪が溶けて、サシの入り方、舌触り、味、どれをとっても他の肉とは違います!